糖尿病は、別名「現代病」とか「金持ち病」とか「贅沢病」とか「成人病」とか「生活習慣病」など、様々な呼ばれ方をしています。実際、糖尿病患者の多くは2型糖尿病に分類される人たちで、生活習慣に問題があるため、後天的に発症した糖尿病患者(症状の改善のためには、本人だけでなく、家族の協力も必要不可欠でしょう)です。2型糖尿病を後天的に発症する人たちの発症する原因は、生活習慣の中でも特に食生活で、「食事内容に大きな問題がある」ことから、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)ではまず食事療法を医師から指導されることになります。2型糖尿病を食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)で発症する方たちの理由は、そのほとんどは食べ過ぎによるものです。食べた量だけが問題ですのでなく、糖分の摂取が多すぎて消費が追いつかないため、常に血液中に消費しきれない糖分が流れており、高い血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)を示してしまいます。糖分の多い食事とは、炭水化物(重要なエネルギー源の一つで、必要不可欠な栄養素です)や甘いものなどが主流です。2型糖尿病(主に食生活や運動不足などが原因で起こる糖尿病です)の人たちに肥満体型の人が多いのは、そういう理由があることでしょう。肥満体型の人たちはもともとカロリーオーバーの過食傾向があり、糖尿病になりやすいのです。ですので、糖尿病の食事療法では、まず必要以上のカロリー摂取(過食)を防ぐことが第一にあげられます。そして、糖分の多い食事(炭水化物(不足すると疲れやすくなり、肌荒れなどが起こるでしょう)・甘い菓子類・酒類)を必要以上に摂取しないように気をつける必要があります。また、2型糖尿病の人には間食(一回あたりの摂取カロリーを減らして、食事をする回?を増やす方が痩せやすいといわれています)の習慣がある人も多いですが、栄養バランスのとれた食事を1日3食しっかり摂取し、できる限り間食を控えることも重要ですー